恋愛商材 レビュー

恋愛商材 本気斬りレビュー!

モテるために服のお金ってどこまでかけたらいいの?

読了までの目安時間:約 6分

 


モテるために服装にお金をかけるのは、けっこうなんですが、

どこまでモテるために、彼女を作るためにお金をかけたらいいのかは

結構迷いどころだと思います。

 

 

 

 

それこそTシャツ一枚で3000円位のものもあれば、10万円以上するものだってありますし、

服装に無頓着になりがちな男性にとっては、初めは値段くらいしか物差しとなるものはないかもしれません。

 

 

 

 

でも、結論から言ってしまうと、

そこまで服にお金をかけたところで仕方がないというのが正直なところです。

 

 

 

 

a0002_010875

 

 

 

 

あまりにも貧相で汚い格好は論外ですが、

高そうなブランドものばかりジャラジャラ身につけていたところで、

自己満足で終わってしまうことが多いのが現実なんです。

 

 

 

 

高そうないかにもブランドものって感じの主張の強いものって、

女性側からしても好き嫌いが分かれますから、万人受けを狙おうとしているのであればオススメできません。

 

 

 

 

じゃあどれくらいまでお金をかけたらいいのかってことですが、

少なくとも僕としては、下くらいの価格がベストだと感じています。(^^)v

 

 

 

 

  • コート:3万円~5万円
  • ダウン:1万円~5万円
  • パンツ:1万円~3万円
  • シャツ:5000円~2万円
  • Tシャツ:3000円~6000円
  • 靴:1万円~4万円

 

 

 

 

さすがに、これより価格が下回ってしまうと、どうしてもチープ感が出てしまいます。

 

 

 

 

学生とかならまだいいかもしれませんが、

社会人になるとモテたいなら最低でもこれくらいは服にお金をかけて欲しいですね。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

今の学生ですら、モテたい一心のヤツなんて上記くらいの投資は当たり前のようにやっていますから、

社会人で上くらいのか赤く設定だと、逆に安いくらいです。

 

 

 

 

ただ、結構上記の価格設定の服は、値段の割にオシャレで着まわしの効くものが結構あり、

種類も豊富で高いハイブランドの服よりも一般人目線で結構お買い得だったりします。

 

 

 

 

gagrghくぇ

 

 

 

 

セールとかになると半額になってめちゃくちゃお買い得になることもありますから、

案外あなどれないところだったりします。

 

 

 

 

自分で見ても、「あれ?こっちのほうが安いしおしゃれじゃね?」って思うことがしばしばありますw

 

 

 

 

重要なことですが、高いブランドだからカッコイイとは限りませんからね。

ちなみに、インターネットで2chなどでは、ファッションブランド偏差値という面白いものが存在しますので、

そちらを見てみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

あくまで2chの評判なので、あてにならないところもあるかもしれませんが、

一定数の人が正直に感じているファッション偏差値を表す象徴的なものとも言えるので、

結構核心をついているかもしれません。

 

 

 

 

ファッション偏差値については以下のリンクより参考にしてください。

 

 

 

 

ファッションブランド偏差値 (外部サイトに飛びます。)

 

 

 

 

ファッション偏差値で出てくるブランド名やジャンルでおすすめが

わからないという方は、以下の記事を参考までに。

 

 

 

 

ブランド偏差値からオススメブランド紹介!

 

 

 

 

ブランドによって狙いやコンセプトが違いますし、受ける女性の層とかも全く違ってきます。

鈍いとわかりにくいですが、ブランドによって服の雰囲気が全く違ってきますので、

これを機会に勉強してみるといいでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール


恋愛ナイト カズ

プロフィールの詳しい詳細はこちら
実績


人気ブログランキング 恋愛テクニック部門 ベスト3入りを達成! 
証拠画像はこちら



キーワード「恋愛商材」でGoogle1位達成!!
証拠画像はこちら




「ブロぞう」で無料レポートダウンロード2位達成!
証拠画像はこちら
恋愛道場
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
FX情報