恋愛商材 レビュー

恋愛商材 本気斬りレビュー!

服の生地について

読了までの目安時間:約 8分

 


人気ブログランキングへ




今回は、服でよく扱われる生地の性質と、どの季節に合っているのかを一つずつ解説していきます。服の生地は、場合によっては高級感を出すものもあれば、身軽そうな軽いイメージを与えるもの、肌触りのいいもの、ふわふわしたもの、あるいは安っぽく見えてしまうものなど、ピンからキリまで様々な種類があります。






生地によって値段も変われば、長持ちしやすいものとそうでないものもわかりますので、そこがわかれば、ある程度コスト削減ができて長持ちのするいい服を選ぶことができるようになるわけです。もちろんある程度の出費は必要ですが、数万円もする服を買ったのに半年経ったらもういたんできちゃったみたいなものなんてコストパフォーマンス最悪ですからね。(^_^;)






そうならないためにも、服の生地の性質をある程度知っておく必要があるのです。マニアックなものは言いませんが、一般的に出回っているものは情報としてシェアしていきたいと思います。ほかの男が無駄にお金を叩いて高い服を買っているのを横目に、長持ちするベストな服を選んでいけるよう頑張っていきましょう。






・綿




綿はもうファッションを知らない人でも知っている人も多いかと思いますが、長持ちしますし、基本的にオールシーズン使えます。ある程度風通しもよく、夏でも着れる生地ですね。ただ、綿100%の服は結構高い目のものが多いです。安くても一万円程度はします。でも、変に他の生地が混ざったものよりも、綿100%のほうが長持ちもするので、シャツやTシャツなら全然アリだと思います。









綿を使った服を購入するなら、ある程度ちゃんとした服屋で購入するようにしてください。いい服屋であれば、綿の中でも特に丈夫なものを扱っているものも多いので、オススメです。ちょっと値段は張りますけどね(^_^;)






・アクリル




アクリルは、綿やほかのものに比べて非常に原価が安いです。なので、服屋に行っても綿50%にアクリル50%だと、綿100%に比べて服自体の値段も下がっています。これは、実際店に行って確認してみてください。シワになりにくく、害虫やカビに強いという特徴がありますが、ほこりがついて汚れやすかったり、高温に弱いなどの弱点もあります。冬物やセーターによく使われますね。






・ポリエステル




日本で最も多く扱われている合成繊維です。シワになりにくく、型崩れもしにくくて、丈夫で乾きが早いのが特徴です。






しかし、汚れるとかなり落ちにくいものとなっているため、汚すと一気に取れなくなる可能性もありますので、注意が必要です。
ある意味落ち着いて着ていることができない服の生地ですね。いつ汚れるかわからないので、常に注意していなければいけません。フリースや裏地に使われることが多いです。






・ウール




動物性繊維の一つで、羊毛のことをいいます。冬物に使われることが多く、非常にあったかくして着ることができます。人によっては、このウールの入った上着を一枚羽織るだけで冬場に外に出ることもできるでしょう。






僕も最近ウール100%のパーカーを買ったのですが、めちゃくちゃあったかいです。それを着るときは、まあ僕の体質もあるんでしょうが、正直それ一枚で全然いけますね。






ただし、アクリルやポリエステルとかに比べると、素材自体結構高いので、ウール100%のものだと一万円近くか、それ以上はしますね。でもその分長く使えるので、非常に重宝できる生地ですね。






シワになりにくく、型崩れもしにくいという特徴があります。弱点は、虫がつきやすかったり、毛玉ができやすいのが難点です。







・絹(シルク)




昔から重宝されてきた高級な生地ですね。絹100%のものは非常に風格があり、高級感をまとった美しい光沢、保温・保湿・発散性に優れているのが特徴です。悪い点は、雨や汗に弱く、色の鮮やかなものは色落ちしやすく、水に濡れると縮みやすくて、熱に弱いという弱点を持ちます。基本的に絹を使った服は値段も高く、有名なハイブランド店などでよく見かけられます。






絹を使った服を選ぶときは、高額なので、購入するときはサイズやデザインなど、非常に注意が必要です。一回服屋で見かけたら見てみてください。べらぼうに高いものが多いことが確認できるかと思います。






・麻




風通しが良く、夏などに重宝される生地ですね。その驚くべき通気性にびっくりすると思います。夏物衣類に使われることが多くて、シャツに一番多いですね。






結構着てる人を見かけます。清涼感もあり、水に濡れると強くなるという特徴がありますが、シワになりやすくて、摩擦に弱く、濃い色は白けやすいという難点もあります。






麻を使った服は、夏になると定番のアイテムですが、安いものでも5000円くらいはします。高くて1万円前後ですね。そこそこするので、選ぶときは慎重にしましょう。






・革




革は革ジャンやバッグ、靴、アクセサリーなどにも使われる高級な素材です。よく合皮のものが出回っていますが、必ず本革にしてください。これは鉄則です。






確かに値段も高いのはわかりますが、長い目で見ると合皮よりも圧倒的にコストパフォーマンスがいいので、非常におすすめです。女性はその靴が合皮か本革かなんて一瞬で見抜きますので、絶対手は抜かないようにしましょう。









雨や水に弱いので、一ヶ月に一回程度に防水スプレーを付けておくことをおすすめします。あと、革靴を拭くようのミンクオイルというものもありますので、布切れか何かにつけて、一ヶ月おきに磨くなどのメンテナンスも必要です。僕の場合は指につけて塗ったりしますけどね。そっちのほうが馴染みやすいです。めんどうくさいでしょうが、これもモテるためです。オシャレは靴からともいいますので、しっかり磨いてください。






以上が、服の生地でよく市場に出回ったものとなります。特に、動物性繊維の絹・ウール、植物性繊維の綿・麻の生地の服は、あまり安っぽい店で購入するのは避けてください。






その人をおしゃれに見せる最も大事な素材ですので、百貨店やデパート、または店舗にいくなど、それなりのちゃんとした服屋で購入することをおすすめします。






安いところだと、生地は同じでも、その素材自体が若干雑に作られていたりして、それでも生地が綿だからいいものだということでぼったくられる可能性も十分にありますので、そういう意味でも、ちゃんとした店舗の店に行きましょう。






服の生地は、あなたの雰囲気を決めるファッションでも重要な要素です。コストを考えるという面でも、しっかり見極めないといけない部分ですので、服屋に行って買う時は、このページを見ながらでもいいので、ちゃんとした服を選ぶよう努めてください!




そんな、モテるファッションがわからず困っている方には、以下の無料レポートをおすすめします。




無料レポート:「後藤孝規の女性受けするファッション 音声付き」




この無料レポートは、そのボリュームもさることながら、PDF文書でわかりにくい部分を、後藤さんが丁寧に解説してくれている、非常にクオリティの高い無料レポートです。詳しくは上記のリンクをクリック!




応援クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール


恋愛ナイト カズ

プロフィールの詳しい詳細はこちら
実績


人気ブログランキング 恋愛テクニック部門 ベスト3入りを達成! 
証拠画像はこちら



キーワード「恋愛商材」でGoogle1位達成!!
証拠画像はこちら




「ブロぞう」で無料レポートダウンロード2位達成!
証拠画像はこちら
恋愛道場
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
FX情報