恋愛商材 レビュー

恋愛商材 本気斬りレビュー!

高校編

読了までの目安時間:約 9分

 


本気モテ!(マジモテ!)


高校編
 

どうも!KAZUです!
ここでは、高校から恋愛商材との出会いに至るまでの経緯を話していこうと思います。

「なぜ中学校編がないのか?」という質問が出そうなので先に言わせていただくと、

理由は簡単です。単純に女の子に興味がなかったからです。当時は部活と受験に向けての

勉強が忙しく、そんなことに費やしてる暇がなかったからです。

そんなわけで、今から高校編スタートです!(無理矢理ですみません(汗))

①高校デビューしようと頑張った結果・・・。

あれは、遠い遠い春の季節、受験勉強を必死に頑張った僕は、そこそこ上のxx高校に入学しました。

中学時代を楽しく有意義に過ごした僕は、高校でも楽しく学生生活を送れると思っていたんです。

しかし、入学式が終わるやいなや、僕はトイレに行くとかで、しばらく席を外していました。

ちょっと遅れて自分が初めてクラスの教室に入ると、そこには自分除く39名が全員机にうつ伏せになって

寝ているというなんとも異様な光景が広がっていました。新手の宗教団体かと思っていた俺は、話しかけることが

できずに、そのまま席に座りました。出だしでもなんとなく分かっていただけると思いますが、僕らの学年は、あまり

フレンドリーな学年ではなく、かなりおとなしい学年だったと言えます。ちなみに自分もとても緊張していました。

休憩時間になって早速ほかの教室に入ってほかの学校から来た友達とはなそうと思っていた僕ですが、

当時の自分は、高校デビューという抱負も抱えていたせいか、かっこいいと思われる自分の中での男性像は、

執事のように紳士で、礼儀正しく敬語で大人っぽくしゃべるのがかっこいいと思っていました。(アイタタタ(ノ口・))

だから、最初っから同級生だとわかっているのに、変にかしこまった敬語を喋った自分は、早速そこのクラスの人たちから

変な目で見られるようになってしまいました。それに気づくことなく自分はその教室をあとにしました。

ここら辺あたりからですね。周りからちょっとあの人変じゃない?って思われ、嘲笑され始めたのは・・・。

②僕の痛い初恋

部活ではアーチェリー部という珍しい部活に入部し、そこで自分は初めて恋をしました。

それが、のちのち自分に多大な変化をもたらすきっかけとなるNさんです。その子は、しばらくして、部内でのいざこざにより、

不登校になってしまいました。原因はその子にあるとわかっていながらも、好きだったため、僕は当時、アドレス交換をしたあと毎日毎日

その日その日の学校で配られたプリントや出来事などを事細かく記し、ひとつのメールに20行も使っていました。

ここを読んでいてわかっていただけると思いますが、こんなメールを毎日送られてくると、不審に思うのが普通です。

やはりその子もそう思っていたみたいで、次第にメールの返信が遅くなってきました。

それに気づかない自分は、さらにそこから毎日、「遊ぼうよ」系のメールを送るようになりました。

僕「明日、遊べる?」

Nさん「いや、その日はちょっと無理なの。」

僕「いつならいける?俺はいつでもいいよ。俺いっつも暇だし(^^)」

Nさん「うーん。いつ空くかわからないから、また連絡するね。」

僕「うん!じゃあ待ってるね!!(^^)」(いやだから、気づけよ!かつての俺!!(笑))

(ここのやり取りを見てわかると思いますが、「いつも暇」とか「暇だし」なんてことは口が裂けても

言わないようにしてくださいね!!暇な人とデートしたいなんて思う人いませんから。

では、引き続きどうぞ。)」

③人生最大の屈辱と情報商材との出会い

その子はもうあきらめが着いたのか、なんと2年生になる手前頃にOKの返事が!!

これは来たと張り切った自分は、精一杯オシャレをして出かけていきました。

(あんな、スーパーの二階にセールで売ってるような服装誰もしないと思いますが・・・。)

そして、デートの待ち合わせの時間。その子は今時のホットパンツの可愛らしい格好で登場。

そして自分は、スーパーで買ったような服装(笑)よくこんな自分とデートしてくれたなと

今でも思います。結局チキンだった僕は、告白もせずその日は終了。

数週間後、また遊ぼうとメールを送ると驚きの一言が!!
Nさん「ごめん・・・他に好きな人ができたから・・・。」

次の日に学校に登校すると、そこには男と楽しそうに歩いているNさんの姿が・・・。

Nさんはこっちを見向きもせず、すっと歩いて行きました。これならまだいいんですが、男は

こっちを見てクスッと嘲笑したんです。この瞬間でした・・・。自分の中で何かが走ったのは・・・。

それからは、悔しくて悔しくて、家の中で大声を出し、発狂しました・・・。

パソコンでは、狂ったようにモテる方法を調べたりしていました。その時でした。怪しげな広告リンクを見つけたのは・・・。

これが、情報商材との初めての出会いだったのです。

そこには、信じていいのかわからない都合のいい文句が、ばあーっと並べられていて、しかも値段も2万円!!

とても勉強が難しくて忙しく、バイトもしていなかった俺は、その時は買おうとは思いませんでした。

しかし、この出会いが、いずれ、自分の考え方と人生を変化させていく大きなきっかけになろうとは、その時は夢にも

思わなかったでしょう。

④小さな成功と僕の中の闇

こんな自分でも、なんと、かれこれ何の女の子との出会いもなく、ついに高校3年生になろうとしていた2月か3月、昔からの

幼馴染の子と付き合うことになりました。昔通っていた習い事があり、そこに久しぶりに顔を出した時に再会。
しかし・・・・・・。

1ヶ月で別れてしまいました・・・。

なぜ、こんなに短期間で別れることになったのでしょうか・・・。
答えは単純にして明快。
その子が自分のタイプでなかった・・・。
ブサイクだった・・・・。

この理由を聞いて、僕のことを嫌いになる人もいることでしょう・・・。

もしここで本当に気分を害されて嫌いになられた場合は、気を使わず、他のレビューサイトに

行っていただいて構いません!

しかし、僕は、本当の自分を知ってもらいたくてこれを書いています。

この時の、「とにかく、彼女が出来たことがあるという事実、肩書きが欲しかった・・・。」

この気持ちをわかってもらえるなら、わかってください・・・。

このようなことを書くのも、、本当の自分を偽りなくさらけ出して、

自分は正直なレビューをすると、あなたに信用してもらいたいからです。あなたは僕のサイトにわざわざ足

を運んでくださったお客様なのですから、これぐらいは当然のことと思っています。

ですから、もし嫌いにならないのであれば、このまま読みすすめていってください。

こうして高校3年間で付き合った彼女、関わった女の子はこの子だけです。

そして、卒業して次からは大学編です!

読んでいただき、ありがとうございました。(^^)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール


恋愛ナイト カズ

プロフィールの詳しい詳細はこちら
実績


人気ブログランキング 恋愛テクニック部門 ベスト3入りを達成! 
証拠画像はこちら



キーワード「恋愛商材」でGoogle1位達成!!
証拠画像はこちら




「ブロぞう」で無料レポートダウンロード2位達成!
証拠画像はこちら
恋愛道場
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
FX情報